特定健診・特定保健指導

保健事業について

平成20年4月からメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防・解消を目的とした特定健診・特定保健指導が始まりました。

対象者は40歳〜74歳のみなさん(組合員・ご家族)です。

年度途中に加入された方は当該年度の対象になりません。

特定健診(単独受診)・特定保健指導の「インセンティブ制度」NEW!

特定健診・特定保健指導のインセンティブ制度とは…

40歳から74歳の被保険者の皆様に、特定健診ならびに特定保健指導を積極的かつ継続的に受診(利用)していただくことを目的とした制度です。当組合では、特定健診対象者の皆様の自主的な健康増進への取り組みを奨励するため、平成27年度から特定健診は単独で受診された方、特定保健指導は利用を終了された方を対象に、「健康ボーナス(特典)」を贈呈いたしますので是非ご利用ください。

特定健診

対象者は必ず年1回、毎年受診していただく必要があります。忘れずに受診ください。
特定健康診査受診券は毎年6月頃、対象者お一人お一人に送付します。

特定健診詳細ページ」参照。

特定保健指導

特定健診の結果より、「動機付け支援」「積極的支援」の2段階に階層化し、メタボリックシンドロームの解消に向けて保健指導を行います。

利用券は、特定保健指導の対象となった人のみ送付します。

特定保健指導詳細ページ」参照。

PAGE TOP

Copyright © 京都府建設業職別連合国民健康保険組合 All rights reserved.