半日ドック(脳ドック・肺ドック等)

保健事業について

約70項目からなる総合的な健康診査です。1人当たりの自己負担額は10,000円で、差額(約30,000円)を当組合が負担します。半日ドックでは身体の各部位の精密検査を受けることで、日ごろの診察や検査では見つかりにくい小さな異常を発見することができます。普段気がつきにくい疾患や臓器の異常や健康度等をチェックするのに大変有効です。

対象者 35歳以上の当組合被保険者 受診場所 指定医療機関一覧をご参照ください
受診期間 30年4月1日〜31年3月31日
受診費用 10,000円(所属支部へ支払い)
ジャスト健診の方は無料
受診方法 受診方法詳細をご参照ください

当日の持ち物

ジャスト健診

年度内に40・50・60・70歳に到達する方については、半日ドックまたは一般健診の費用全額を組合負担とし、より多くの受診機会を提供することで、健康診査の定着を図ります。

ジャスト健診の到達年度(4月1日〜翌年3月31日)中に受診してください。

脳ドック及び肺ドック 乳がん・子宮がん検査
半日ドックと同日受診の場合は組合の費用補助があります。
特定健康診査受診券を紛失したとき
特定健康診査受診券を紛失された場合は、半日ドックを受診できませんので、組合事務所または支部事務所までご連絡ください。
当該年度において、既に他の健診を受診された方は利用できません
「特定健診」、「定期健診」、「レディース健診」、「一般健診」、「半日ドック」のうち、いずれかを1回に限り受診できます。
特定健康診査受診券が届くまでの期間(4月〜6月)は、「被保険者証」と「半日ドック等利用申込書」のみで受診いただけます

半日ドックの基本検査項目(一例)

検査内容 検査項目
医師診察 聴打診・視触診
問診 健康調査票(特定健診問診含)等
身体測定 身長・体重・視力・聴力(1kHz・4kHz)・肥満度
腹囲測定
体脂肪率
血圧測定 座位測定
尿検査 蛋白・糖・ウロビリノーゲン・潜血
尿沈査
PH・比重
血液一般検査 ヘモグロビン・ヘマトクリット・RBC(赤血球数)
WBC(白血球数)・白血球分類
血小板数・平均赤血球数
(色素量・色素濃度・容積)
肝機能検査 GOT(AST)・GPT(ALT)・γ-GTP
ALP
LAP
ZTT
LDH
TTT
TB
コリンエスラーゼ
肝炎ウイルス検査 HBs 抗原
糖代謝検査 空腹時血糖
HbA1c(グリコヘモグロビン)
脂質検査 T-CH(総コレステロール)・TG(中性脂肪)
HDL- コレステロール
LDL- コレステロール
腎機能検査 UA(尿酸)・クレアチニン
BUN(尿素窒素)
血清蛋白検査 蛋白分画
アルブミン
総蛋白
膵機能検査 血清アミラーゼ
血清反応検査 Na・K・Cl・CRP・RA
腫瘍マーカー検査 CEA
PSA(前立腺) 男性50歳以上のみ
便潜血検査 免疫反応検査(二日法)
胸部X線検査 正面
側面
上部消化管X線検査 食道・胃・十二指腸
腹部超音波検査 肝臓・胆嚢・腎臓
生理機能検査 心電図(安静時)
負荷心電図(エルゴメーター)
眼底(両眼)
肺機能検査
眼圧(両眼)
当日結果説明指導 当日の結果説明(医師)

脳ドック及び肺ドック

脳ドックでは脳の血管などから詳しい状態をチェックし、脳卒中等の早期発見に大変有効です。肺ドックでは胸部X線だけでは見逃しやすい小さな病変を発見し、肺がん、肺気腫、COPD(慢性閉塞性肺疾患)などの早期発見に役立ちます。

1人当たりの自己負担額は各10,000円で、差額(約20,000円)を当組合が負担します。ただし半日ドックと同日受診に限ります。

(注) 脳ドック・肺ドックの単独受診については補助の対象外となります。

乳がん・子宮がん検査

半日ドックの追加検査として、乳がん検査(マンモグラフィーまたは乳腺エコー、乳房視触診)及び子宮がん検査(子宮細胞診)を受診される場合は受診費用の全額(約8,000円)を当組合が負担します。

(注1) 半日ドックと同日受診のみ適用とします。
(注2) マンモグラフィーと乳腺エコーは選択式で、いずれか一方のみが補助対象となります。

PAGE TOP

Copyright © 京都府建設業職別連合国民健康保険組合 All rights reserved.